お待ちかね、中古車を売る時の残債に関して

マイカーの買取ショップに査定を依頼したはいいけど、割賦払いを完済していないという事も無くはないでしょう。そうした時は、売り払いたいお車の権利が貴方自身なのか他の方なのかどうかについて何はともあれ確認することが求められます。

ホントのところ、持ち主に関してなにを見たら分かるのかと言えば、「自動車検査証」に記載のあるお名前の人がクルマの所有権者ということになります。

クルマを購入する際に銀行等が提供するローンを設定された時には、この車検証に記載されているお名前がご自身のお名前になっているのですが、ローンを組んだのが信販会社などのケースでは氏名がその会社の記載となっている訳です。信販系で割賦契約を組む場合なぜこういった形で信販会社を持ち主として登録しているのかと言いますと、その理由としては返済が滞納されたときに、即自動車を差し押さえて確保することを考えているからです。

そんな理由で所有名義がクレジット会社にある場合はそのクルマを自分勝手に売ってしまう事は不可能です。何が何でも売却したいなら支払いを全部終了させるかローンの設定し直しをすることでオーナーをアナタの名前に変更してから手続きすることが求められます。そうはいっても実際にそういった手続きができるのは今手持ちの資金がたくさんある時という事になってしまいます。では資金があまりない方はどんなやり方をするのがいいのでしょうか。

そうした時には評価をおこなって下さったお車買取専業店に事情を話すと、所有車の売却額から残った支払い分を完済し、オーナーを貴方自身のお名前に直して貰うことが出来るという訳です。手続きについても全てにおいて買い取り専門店に任せることが可能なので心配ないです。