きましたね「中古車屋さんに車を売る時」に関して

中古自動車の買取となると、最初にその車の査定をおこないます。その型式や何年式かによって、基礎となる状態での価格の全容を把握します。これに比べ更に状態が良くなければ、評価額を減額するなどといった順番で行われていくわけです。

普通の状態での金額については買い取る側で基礎的なデータを持っています。これはショップ間のみで確認されるもので、その価格はその車と年式から記載されているものです。ではありますが、あくまでこの金額は基準となる数字なのであり、その他の意味あいはありません。その上、その額面よりも高額で買い取って貰えたり、それとももっと安く買い取られたりする事だってどうしても無くはないです。

買取ショップの方にしてみれば可能な限り安値で買取したいわけで、お店にもよりますが基本的な買い取り額を示した上で、それ以上に低価格な方に話を持っていこうとします。売る側からすれば1円でも高く譲渡したいので、ここでの交渉ではしたたかに話を持っていくのが成功の秘訣です。もしくは、買い受けについての金額が合意できなかった場合などは一旦見送りとし、話を棚上げ状態としておきます。そうしてから別の専門ショップと商談を進めていくわけです。

ここで仮に値段がもっと高くなってうなずけるものだったら、前のお店との交渉はおじゃんになっても問題はありません。すなわち、売る側が気に入るように話し合いを進めていけばいいという事なのです。何をおいても回避したいのは、急いで売却額を決断してしまって、後々残念な気持ちを残すことです。金額は限りなく強気な出ていった方が後悔しないでしょう。