これは・・・車査定・事故歴などだそうな

古い自分のクルマの売却をお願いしたときは、初めに鑑定を受けることとなります。見積もりに関しては買い取り専門店の担当者がおこなうわけですが、オークション市場の価格などから値段がはじき出されることとなります。

大体、ユーズドカーということで販売されているプライスの20~30%程度が買取額とされているようですが、人気クルマであったり、稀少車種だったりするケースでは高い見積金額がでるなどのケースもあるようです。ほかにも、年式は新しい方が高値が付きます。他方、そのような買取額はその車が万全な状態であり、パーフェクトじゃない時はマイナスに査定されます。特に修復歴は見積もりに相当影響します。

事故歴とは言っても定義があいまいですが、とりあえず車の基礎となるフレームにまでダメになるようなアクシデントを起こしたクルマは事故車となってしまいます。そういった事故歴のあるクルマはそののちなにか負の影響現れるという危険性が有るため、買取プライスにおいては短所とされてしまいます。一方で、フレームの部分まで影響がなく、外装を修復した位であれば大丈夫なのですが、しかし事故歴は付きます。

モチロン修理歴が付くわけなので負の被害は有るわけですが、事故車よりも低い見積となることはございません。それと、エンジン等にアクシデントが発生している際もマイナスという事で査定されますし、常々の整備の状態が査定額に影響してきます。

その辺は私達には気づかない所ですが、見積もりをおこなっている業者の方ではしっかりとそのへんもチェックしてきます。

どちらにしても修理歴がないことがユースドカー買取額を上昇できるかどうかのポイントとなってきます。