そうれ!車の買い取りとリサイクル料金のこと

くるまを売る時の段取りには買取と下取りの2つがございます。下取のケースというのは次の自分のクルマのを買う時、前の中古車を引受けしてもらうというものです。大体新車ディーラーが買取りをすることになるので買取額のほうは割と低くなる場合が多いです。

一方で買取りのケースはユーズドカー買い取り専門店がおこなっており、ユースドカーという名目で売る事を前提として引き受け額を決めるので、どちらかといえば高額の引受けが望めます。いずれにしてもお車を売却することであり、引き受けてもらう前に引き受け金額を決定するための鑑定がおこなわれます。

鑑定を依頼する時気になるのは「リサイクル料」です。自家用車査定で示される値段というのはそのお車そのもののプライス、自家用車に附随する自賠責保険とかリサイクル料等をいれた価格の2つの種類が有ります。リサイクル料についてはクルマを入手した時、又は「リサイクル料」が未納の時には車検を通した際に支払いとなりますので、後にマイカーを廃車として解体処分する時必要なシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などをリサイクルするさいの費用となって使用されます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、解体するさいに自動車リサイクルシステムから支払されるということとなります。

コストは、軽だと8000円程、国産車であれば1万円くらい、外国の車等であれば約1万5千円、それとは別に20000円ほどをいれる必要があったりもします。多くのくるま買取の場合、そうしたリサイクルの代金を自家用車の引き受け値段とは別ということで引き取りされるということになるんですが、リサイクル代金を含めて評価の額となってる場合も有り、引取りを希望というケースで事前に確認しておくということが大事な事となります。