ついにきた、中古車査定と事故歴ってどうでしょう

古い自分のクルマの売渡を頼んだときには、まず最初に見積もりを受けることとなります。その場合の値踏みは買い取りの専業店の人がおこなう訳ですが、ユーズドカー市場の相場等から計算されるものとなります。

大体、中古の車として売られている価格の2~3割位が買取プライスと言われているようですが、人気の車種だったり、珍しいくるまである場合には高い買取額が出るといった場合もあるようです。また、年式が新しいほど高額となります。ただし、そういった査定額は車が万全な状態であり、そうじゃないときだと低く見積もられます。なかでも事故車などは査定に大きく響きます。

修理歴とは言っても定義があいまいですが、基本的にクルマの骨格であるフレームにまで及ぶようなアクシデントをしてしまったお車は事故車扱いになります。このような修復歴のあるくるまは将来的になにかしらの悪い影響が出るかもしれないという危険が有りますので、見積金額においてはマイナスとなるのです。一方で、フレームの部分まで影響しておらず、ボディを修理したぐらいであれば大丈夫なのですが、しかし事故歴はついてしまいます。

モチロン修復歴としてはついてしまう訳なので負の害はある訳ですが、事故車に比べ低い鑑定額となることはないです。その他、エンジンなどにアクシデントが出ているときもマイナスに見られますし、常日頃からのメンテナンスの良し悪しが買取価格に影響してきます。

この辺りは私達にはわからないところですが、値踏みをしている買取専門ショップの方ではきっちりそのあたりも確認してきます。

どっちにしても修復歴としては無いことがユーズドカー買取額が上げることができるかどうかのポイントとなってきます。