とうとうです、「中古車の査定」

中古自動車の売買の時は、まずはその車の査定をします。その車と年代で、ベースとなる標準状態の価格の目安を把握します。これより更に印象が悪かったら、鑑定額を減らすという工程でやられていくわけです。

標準時の金額の件については買取店の方で目安の数字を保有しています。これは業者間でのみ出回っているもので、その額面は車の種類と年式から示されています。なのですが、この金額はあくまでも基準の数値であり、それ以上のものではございません。それに加え、その価格より高値で買い取られたり、それとも安い値段で売る羽目になったりする場合も当たり前ですが存在します。

店側の立場に立ってみると出来る限り安い金額で買取したいわけで、ショップにもよりますが基礎的な買い取りの価格を見せたうえで、もっとロープライスな方向へ話をつなげようとします。売る方としてはいくらかでもいい条件で手放したいので、ここでの交渉ではしたたかに話を振るのがイイですよ。あるいは、売却に関しての額面が折り合わなかったケースであれば見送りし、そこで話をストップしておきます。その上で他の買取ショップとやり取りしていくわけです。

そこで仮にプライス的にもっと高額となり満足できるものだったら、前の業者との商談はおじゃんになっても気にしなくて良いです。即ち、売却する側が気に入るようにネゴシエーションをしていけばよいということです。絶対に裂けたい事態は、焦って値段を決めてしまって、後で悔いるということです。買取金額は限りなく強気な交渉した方が後悔しないでしょう。