なんと!日本自動車査定協会の取組について

クルマの買い取りや下取りの際には、間違いなく査定をしてもらう事でしょう。査定というのは、売り手側から下取・買取時にまともな評価を下す為の下調べであり、それを行うためにはさまざまな人たちから理解され、さらに承諾されたやり方でなければ良くないのです。なのですが、客側からすれば、値踏みがどんなふうにおこなわれてるのかちゃんとは知らなかったり、キチンとした方法で実施されているのかはどうにも分かっておくことが難しいものです。しかしながら見積の方はお車の価格を決めてしまうとっても重大な過程な訳なので、方法や考えにさまざまなものがあると世間がパニックとなる要因ともなる可能性があります。

このような混乱を発生させない為にも日本自動車査定協会と呼ばれる機関が存在し、中古自動車査定制度を打ち立てているのです。

「日本自動車査定協会」というのは、キチンとした見積が行われるように取り組んでいる団体であり、お客さんが不安なく鑑定に出すことができ、そのうえで納得できるシステム作りの動きをしています。

具体的な活動内容としては、例を挙げると健全な査定士を育むための試験を行っており、査定協会がおこなっている学科さらには技能研修というものを受けて、それから「査定士技能検定試験」に受かることで一定の技能を持つ査定士としての資格が与えてもらえます。更に査定士として活動するためには教会へ登録することが必要となり、まっとうな知識や規律をもって消費者の所有車の品定めをするのです。要は適正な査定を出すための資格を保有する人が鑑定を実施しますので、お客さんも安堵して買い取りや下取りに車を出すことが可能となるのです。