ほら、日本自動車査定協会の役割について思うこと

クルマの買い取りや下取りの際には、なにはともあれ査定をしてもらうかと思います。査定というのは、消費者から買い取りや下取りの際に冷静な評価を下す為の処置であり、それを行うためには多くの人から容認され、加えて合意された手順で行わないと良くありません。ただし、お客様側からすると、審査がどのようにおこなわれてるのかきちんと知らなかったり、フェアな手順で実施されているのかは結構認識することが出来ないものですよね。とはいえ、審査というものは中古車の値段を決めるめちゃくちゃ重要な過程ですから、考えややり方に種々のものがあれば社会がパニックとなる要因ともなってしまいます。

このようなパニックを発生しないようにするためにも「日本自動車査定協会」という呼称の機関が設立され、「中古自動車査定制度」を制定しているのです。

「日本自動車査定協会」呼ばれるものは、しっかりとした見積が拡大するように活動している団体であり、消費者が安堵して値踏みに出すことができ、加えて喜べるような結果になるような土台作りの動きをしています。

実際の活動の内容は、例えばちゃんとした査定士を育てるために検定を行っており、査定協会が実施する学科及び技能研修を受け、そののち査定士技能検定試験に成功することで一定のスキルを持つ査定士としての資格が与えられます。そうした上で査定士として働く為には協会への登録をしなければならなくなり、しっかりとした心得や責務をもって消費者の愛車の評定を行います。要するにきちんとした見積もりを行う為の資格を持つ人間が鑑定をやりますので、ユーザーも不安なく買取とか下取に愛車を提出することができるのです。