ユーズドカーを売りわたす際の手段にかかわる事を、このへんでキチンと見ておきましょう

使用していた車を処分するときの進め方には下取と買取の2つがございます。下取の場合というのは新しい自分の車のをゲットする代わりに今までお乗りのお車を引き上げてもらうというものです。殆ど新車の販売店が買取をおこないますので買い取りプライスの方はやや低価格になりがちです。

他方、買い取りの方はおクルマ買取専門店が行っているもので、クルマという名目で販売することを予定して買上げの金額を決定するため、意外と高値での引き取りが望めます。どちらにしてもマイカーを売却することであり、売る前に引き上げプライスを決めるための見たてがおこなわれます。

品評をして頂く時気になるのは「リサイクル料」です。使っていた車の見積りで出される金額としてはその愛車本体のプライス、ユーズドカーについてくるリサイクル料とか自賠責保険というものを含めた値段の二つの種類が存在します。「リサイクル料」はマイカーをゲットしたさい、若しくは「リサイクル料」が未納だったときには車検の時に支払いとなりますので、将来的に古い車を廃車にして処分するさいに必要になるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類等リサイクルする際の代金ということで使われます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることになり、解体処分するさいにJARSから支払われることになります。

その時の代金は大体、軽自動車であれば8千円ほど、国産車であれば10000円位、外車等で15000円ほど、それ以外で2万円ぐらいを入金する必要性があったりもします。大概の使用済みの自動車買受けの場合、これらのリサイクルの代金を古い車の引き上げ価格とは別ということで引取られることになる訳ですが、リサイクル料金をいれて買取金額であるというケースも有り、引取りを頼む時にまえもって確認しておくことが大切です。