中古自動車を売却する時の手順の件ですが、このへんで詳しく確認していきましょう

クルマを売却するさいの方法としては下取り、そして買い取りの2つが御座います。下取りの場合というのは次のマイカーを手に入れるかわり、今までの使用済みの車を買受していただくというものです。ほとんど販売店が引受けを行ないますので買い取り金額はやや低めに見られるケースが多いです。

逆に買取の方はユースドカー買取専門店が行っており、ユースドカーという名目で店頭に出すことを予定して買上の価格を決定するので、どっちかといえば高プライスの引き取りが望めます。何れにしろ使用済みの自動車を売る事であり、売り払う前に買上金額を決めるための品さだめが行われます。

値踏みをして頂く時に気になるのがリサイクル料になります。古い自動車の格づけで出される値段というのはお車本体のプライス、くるまに付いてくるリサイクル料とか自賠責保険などなど合計した価格の2つの種類が存在します。「リサイクル料」はその使用していた車を購入したさい、又は「リサイクル料」が払われてなかった時には車検を通したさいに支払われるもので、先々使用した車を廃車として解体処分する時必要となるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などリサイクルする時の費用という名目で使用されます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることとなり、解体処分する時JARSから払われるということとなります。

その時の料金はだいたい、軽自動車で8千円程、国産車で1万円くらい、外車の場合1万5千円位、それとは別に2万円位をいれる必要が御座います。多くのユーズドカー買取の場合、こういったリサイクル料を使用済みの自動車の買上げ金額とは別個で引き取りされるという事になるのですが、リサイクル代金をいれて引受金額としてる場合もあり、引受を頼む際に前もって確認しておくということが大切です。