今回は、「中古車査定」ってどうでしょう

中古の車の買い取りや下取りの際には必ず査定をしてもらう事でしょう。

この場合の査定とは消費者から下取りや買取する際にきちんとした審査をするための処置であり、それをするためには多くの人から了承されかつ認められた手続きじゃないと良くありません。

ただ、消費者側からしたら査定がどのように行われているのか具体的に把握していなかったり、フェアな進め方で実施されているのかはどうにも知ることができなかったりもするものです。ではありますが鑑定自体が愛車の値打ちを決める非常に大事な過程ですから、考えややり方に様々なものがあると社会の混乱の原因にもなってしまうわけです。

そんな混乱を起こさないようにするため「日本自動車査定協会」という呼称の機関が設立され、「中古自動車査定制度」を取り決めしているのです。「日本自動車査定協会」というのは適切な値踏みが行き渡るように務めている団体であって、消費者が安心して見積に提出でき、加えて満足のいく結果となる制度作りの活動をしています。

分かりやすい中身としては、例えばキチンとした査定士を増やす為の資格試験を行っており、査定協会が行っている学科さらには実技の研修というものを受けて、そうしてから「査定士技能検定試験」に成功することで一定の技能を保有する査定士としての資格がもらえます。そして査定士として活躍するのには協会への登録を済ませてからになり、しっかりとした見識や義務でもって私たちのクルマの評定をしていきます。

要は適正な査定を出すための資格を保有する方が評定をおこないますので、消費者も不安な思いをせずに買い取りまたは下取に出すことが可能となるわけです。