今回はクルマ売却とオークションのこと

古い車を売り渡す手立ては、一昔前までは新車ディーラーが行う引き取りと、中古車専門店への売却というのがポピュラーでした。新しい車を購入する販売店に下取をお願いし、次の車を買うユーザーがこれまでは多かったようですが、今となってはそちらを選択する方はあまりいないようです。下取られるのが、どちらかというと安くなりやすいことが周知されてしまったこととオークションに行くという目新しい方法が認識され始めている為です。

ユースドカーを専門とする「Auction」があり、中古自動車専門店やディーラー等もそこで売買をしていたりします。通常ですと行くことは出来ないのですが、代行の業者を利用することで、一般の方でも所有する車を「オークション」で譲渡が可能となっております。そして、もう片方のやり方であるユーズドカー専門のショップに対する引き渡しでは、とりあえずくるまを見積してもらい、納得の買取金額を提示されれば売買が成立というわけです。

古い車販売店は、そうして手に入れた古い車をチューンアップして自社で陳列したり、競りに出したりします。どういった手立てを選ぶかはご自由なのですが、どういったことを目指しているかによってベストな方法は異なってきます。とにかくちょっとでも高額で買い取って欲しい、だというのであったら、オークション代行の方に要請するのが1番高プライスで売却できる事が可能かと思われます。ですが心配することなく買取して貰いたい、信頼できるショップに買い取って貰って、大切に使ってくれる人に販売してもらいたいという事だったら、下取もしくは古い車専門店の方が安心かと思います。

代行の方に頼むケースでは、売れない限りはメンテの代金を経費として考えなくてはならないので、買取して貰うのに時間がかかるならその分高くなる危険性をはらんでいます。ユースドカー販売店なら次の所有者が出現する前にお金を手に入れることが出来るといういい点があります。