今回は中古車の査定

くるまの買い取り・下取時には最初に査定を行います。この査定とは消費者から買い取り・下取時にきちんとした評価を下す為の下調べであり、それを行うためにはいろいろな方から認識されその上合意された手続きで行わないと良くないのです。

とは言っても、消費者側からしますと査定がどんなふうに実施されているのかちゃんとは確認できてなかったり、正当な段取りで実施されているのかは結構分かっておくことが難しいものです。

しかしながら審査というものはユースドカーの額面を決断するとっても重要な過程な訳なので、考え方やその方法にさまざまなものがあると社会がパニックとなる原因にもなってしまうわけです。

そんなカオスを起こさないようにするため日本自動車査定協会と呼ばれる機関が設立され、「中古自動車査定制度」を用意してる訳です。日本自動車査定協会とは、しっかりとした査定が行われるように機能している協会であり、ユーザーが不安なく値踏みに出すことができ、そして満足できる結果になるようなシステム作りの取り組みをしています。

分かりやすい活動の内容は、例えばしっかりした査定士を育むためのテストを実施しており、査定協会が行っている学科や技法の研修を受けてもらい、そののち査定士技能検定試験という試験に合格することで一定のスキルを持つ査定士としての資格が付与されます。さらに査定士として働く為には協会への登録が必須となり、健全な見識や規律をもって私たちの車の評定をしていきます。

つまりはしっかりした査定を行う為の資格を持つ人間が評定を実施しますので、客側も安堵して買い取りまたは下取に愛車を提出することが可能となるわけです。