今日は中古車査定と事故歴のこと

古いユースドカー売り渡しを依頼した場合には、初めに審査を受けることになります。その場合の鑑定に関しては買取ショップの人がするわけですが、オークション市場の値段等から金額がはじき出されることとなります。

通常、古いくるまということで売り出されている金額の2~3割程が売却金額となっていますが、好評な車種であったり、珍しいくるまなどの場合には高い見積額がつくといった場合もあるみたいです。また、年式は新しいほど高額となります。一方でこれらの査定額はお車がパーフェクトな状態の場合であって、そうではないときだと値踏みは厳しくなります。その中でも修理歴は見積に相当関係してきます。

修復歴といっても定義があいまいですが、とりあえず自動車の基礎であるフレームの方にまで影響しているようなアクシデントをしてしまったくるまは事故車という事となります。こうした修復歴のある車は後からなにか悪い影響が出てしまうという危なさが有るので、プライスに関しては短所になります。とはいえ、フレームの方には影響がなく、外装を修復した位なら無問題ですが、とはいえ修理歴が付きます。

モチロン修理歴としては付きますのでデメリットの被害はあるものですが、事故車に比べて低い査定となることはありません。ほかにも、エンジン等にトラブルが起きているケースもマイナスという事で審査されますし、通常の手入れの状況が買取の値段に関係してきます。

そのへんはトーシロにはちんぷんかんぷんですが、審査をおこなう買取ショップとしてはキッチリと状態を確認してきます。

どちらの場合でも修復歴としては存在しないことが古くなった車の鑑定額がをアップできるかどうかの分かれ目となります。