使用済みの自動車を処分するときの手順について、この辺でできるだけチェックしておきましょう

古い自動車を売却する際の進め方としては下取、そして買取の2つが一般的です。下取の場合は次の車を入手する時に今まで乗っていたおクルマを引受けして頂くというものです。殆どは新車取扱店が引取りをすることになるので買取金額としてはわりと低価格になりやすいです。

他方、買取りのほうはおクルマ買取り専門の業者がしているもので、お車という名目で売ることを予定して引き取りの金額を決定するため、やや高額の買い取りが期待できます。どちらにしてもユーズドカーを買い上げてもらうことであり、引き受けてもらう前に引き取りプライスを決めるための評価がおこなわれることとなります。

値踏みをしていただくとして気に掛かるのはリサイクル料になります。ユーズドカー見立てで提示される値段としてはその中古車そのものの金額、中古車についてくる自賠責保険やリサイクル料といったものをプラスした値段の二種類が存在します。リサイクル料はその使用済みの自動車を買った際、もしくは「リサイクル料」が未納のケースでは車検を受けたケースで支払いとなるもので、将来、中古の自動車を廃車にして解体する場合必要となるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどリサイクルする為の代金となって使われます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、壊してしまうさいにJARSから支払われるということとなります。

その時の費用はおおよそ、軽だと8千円くらい、国産車だと10000円くらい、輸入車の場合15000円位、そのほかで2万円くらいを入れる必要性が有ります。多くの古い車買受であれば、これらの「リサイクル料」を中古車の買取り値段とは別ということで買い取りされるというようなこととなりますが、リサイクル代金を含めて引受け値段だというケースも有り、引受けを希望という時まずはチェックしておくということが大切な事となります。