例の日本自動車査定協会の役割の感想、所感

古い車の下取りや買取の際には、初めに査定を行います。査定イコール、ユーザーから買い取りや下取りの際に正確な見立てをするための工程であり、そのためにはいろんな方たちから理解され、加えて承諾された手続きじゃないとダメなのです。ただし、こちら側からしたら、査定がどのように実施されているのか正確には知らなかったり、キチンとした仕方でやられているかは結構知ることが出来ないケースがほとんどです。ではありますが値踏みというのはマイカーの価値を決める非常に重大な方法ですので、やり方や考えにさまざまなものがあると世間がパニックとなる原因にもなってしまうわけです。

そういった混乱を発生させない為にも日本自動車査定協会という名の機関が存在し、中古自動車査定制度を制定しているのです。

日本自動車査定協会という機関は、厳正な見積が根を下ろすように活動している団体であって、我々が無事に車を審査に出せて、しかも納得できる結果になるような制度作りの行いをしています。

分かりやすい活動内容としては、例を出すと健全な査定士を増やす為の検定を行っており、査定協会が実行している学科及び技能研修を受けて頂き、そののち「査定士技能検定試験」に成功することで一定の技能を持つ査定士としての資格が与えられます。そして査定士として勤務するためには教会へ登録することが必要となり、まともな基礎的なものや義務でもってお客さんの所有車の鑑定をします。要は適正な査定のための資格を保持している方が査定を実施しますので、客側も不安なく買い取りや下取りに愛車を提出することができるのです。