話題の中古車買取とリサイクル料の感想、所感

お車を売り払うときの進め方としては買取、そして下取のどちらかが御座います。下取りのケースはおニューの愛車を手に入れる際、古い自分の車のを買い取りして頂くというものです。たいていは新車ディーラーが引受をすることになるので値段はどっちかというと低目になることが多いです。

一方で買取りのケースはクルマ買取専門店が行っており、ユースドカーという名目で販売する事を予定に引取りの価格を決定するので、割と高プライスでの引き取りが望めるでしょう。どちらにしてもクルマを売却することであり、引き受けてもらう前に引き受け価格を決めるための鑑定がされることとなります。

査定をしていただく場合気になるのはリサイクル料になります。ユースドカー査定で提示される価格としては自動車本体の価格、自動車に附随するリサイクル料とか自賠責保険など含んだプライスの二種類があります。リサイクル料についてはマイカーを入手した場合、または「リサイクル料」が払われてなかったときには車検を受けた時支払いとなりますので、先々ユーズドカーを廃車として壊してしまう時必要になるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等リサイクルする際の料金となって使われます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、処分する時JARSから支払われることとなります。

コストは大体、軽であれば8000円程、国産車の場合で10000円程、外国製自動車等だと15000円程、それとは別に2万円くらいを納める必要が有ります。大体の自動車引き受けでは、こうしたリサイクル料金を車の引取りプライスとは他のものとして引き取られるということになるのですが、リサイクル料金をいれて審査の値段としている場合もあり、引取りを希望する場合はまずはチェックしておくということが大切なこととなります。