話題沸騰!買取や下取り・リサイクル料の感想、所感

クルマを売却する際の方法といえば買取と下取りというのが一般的です。下取のケースというのは新しい自動車を購入する際、今迄の車を引き取っていただくというものです。大体は販売店が買取りを行うため値段としてはやや低目に見られるケースが多いです。

もう一方の買い取りのほうはくるま買い取り専門ショップがやっているもので、中古車という名目で店頭に陳列することを前提に引受けの価格を決めるので、割と高めの引き取りが望めるでしょう。どっちにしても自分のクルマのを引き受けてもらうことであり、、売り払う前に買取り額を決定するための鑑定がおこなわれることとなります。

審査をおこなう際に気になるのはリサイクル料です。自動車審査で出されるプライスとしてはそのユースドカーそのもののプライス、くるまに付いてくるリサイクル料とか自賠責保険等いれた金額の2種類がありますあります。リサイクル料は中古車を入手した場合、または「リサイクル料」が未納のときには車検を受けた時支払いとなるもので、後にくるまを廃車にして処分する際に必要となるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどをリサイクルする時の費用という名目で使用されます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、処分する場合に自動車リサイクルシステムから支払われることになります。

料金は大体、軽自動車だと8000円ほど、国産車だと1万円程、外車とかで1.5万円ほど、それとは別に2万円位を納める必要があります。多くの自動車引き受けの場合、こういったリサイクル料金を自動車の引き取りプライスとは他のものとして引受けされるというようなこととなるわけですが、リサイクルの代金を入れて引受け金額としているケースもあり、引き取りを依頼する場合にはまえもって確認しておくということが大切なこととなります。