車売却と「オークション」のこと

マイカーを売り払う経路は、最近まではディーラーによる下取か、中古車取扱店への売却が一般的でした。付き合いの長い販売店に下取をお願いし、次の車を買っていくお客様がそれまでは多かったようですが、今はそちらをする人は少数派です。下取の場合が、どちらかというと安くなりやすいことが発覚してしまったことと、「Auction」に参入するという新しい手段が知られ始めているからです。

中古車を専門とするAuctionが開かれており、中古車の販売業者やディーラー等もそういった場所でゲットしているのです。一般の方は加わることが不可能ですが、代行してくれるお店を使うことで、一般のお客様でも所有車をオークションで売渡が出来るようになりました。もう片方の方法の中古車専門のお店への売渡では、まずは自分の車を値踏みしてもらい、望みの買取額を出されたら交渉の成立という流れです。

ユースドカーのお店は、このように買い取った自動車をちゃんとチューンアップしてお店で商品にしたり、競りに出品したりします。どのやり方を行うのかはご自由なのですが、どういったことを望んでいるのかにより適した方法は変わります。まずは少しでも高プライスで販売したい、だというのであるならば、オークションの代行専門業者に頼むのが最高に高値で売れるのではないかと思います。しかし心配せず売りたい、信用に足るショップに売って、大事に乗ってくれる人に販売してほしいというなら下取や中古自動車専門店の方が安心できるでしょう。

代行の方に依頼した場合、売れない限りはメンテナンス料を払わなければならないため、売るのに時間が必要な状態ならコストが割高となる危険性をはらんでいます。中古自動車専門業者なら次の所有者が見つからなくても現金を貰うことが出来るという可能性があるわけです。