u-carを売り渡す時の手続きの件ですが、ここらでできるだけチェックしていきましょう

中古の車を売りはらう場合の手続きとしては買い取り、そして下取りの両方が有ります。下取のケースというのは次の自動車を買うと同時に今迄の中古車を買上して貰うというものです。ほとんどは新車のディーラーが引受をすることになるため価格の方はどちらかというと低価格になる場合が多いです。

一方、買取のほうはユーズドカー買取り専門の業者が行っており、使用ずみの車として売ることを予定して買い受け値段を決めるため、割と高プライスの引き取りが望めます。いずれにしろユースドカーを引き上げてもらうことであり、売却する前に買い取り額を決定するための格づけがされるわけです。

品評をして貰う時気に掛かるのがリサイクル料となります。使用ずみの車の診断で提示される値段というのは愛車本体の金額、マイカーに付いてくる自賠責保険とかリサイクル料等々加えた価格の二つの種類がございます。リサイクル料についてはその使った自動車を入手したさい、または「リサイクル料」が未払いのケースでは車検を受けた場合に支払いとなるもので、今後中古の自動車を廃車にして処分する場合必要になるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類等をリサイクルする為の代金として使われます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることとなり、解体処分するさいにJARSから支払われることになります。

その時の代金はだいたい、軽であれば8千円位、国産車の場合は1万円ほど、輸入車ですと1万5千円ほど、それ以外で2万円ぐらいを入金する必要性があったりします。多くの中古車買上ですと、そういったリサイクルの代金をユーズドカーの引き取り額とは他として引き取りされるという事になるのですが、リサイクル代金を入れて評定値段となっている場合もあり、引受けを依頼する時には確認しておくことが大事なこととなります。